会社設立について真剣に悩んでいる人はこのサイトを見てください!

会社設立しようと思うんだが。

会社設立にあたるデメリット

会社設立に当たってのメリットがあるように、デメリットというのも勿論存在しています。メリットだけしか存在していないならみんな会社設立しますからね(笑)メリットあってのデメリット、デメリットあってのメリットだと言うことを忘れないように。メリットだけに目を奪われていたらいずれ足下をすくわれる結果になってしまいますからこのページを見てしっかりと会社設立におけるデメリットを知っておきましょう。

会社設立にあたるデメリットと言えば、「会社設立にはお金がかかる」と言うことでしょう。会社の引越しにお金がかかるとかそんな単純な話しではありません。何かと手続きも大変なようです。個人で事業を始めるという場合には、手続きもそんなに複雑ではなく、開業届などを提出すると言うだけで事業を始めることが出来るし、事業を始める費用もそんなにかからないのですが、会社設立となると、手続きだけでも大体30万円近く掛かってしまうそうです。つまり、会社を設立する為には、最低でも30万円、それ以外にも資本金や何やらが重なってくるので、結構なお金が必要になってくると言うことです。また、会社設立する際には、行政書士か司法書士に頼んで手続きを代行して貰うことが多いので、行政書士や司法書士にも代行料金を支払わなければなりません。会社設立の手続きにはやっぱりお金が必要となってしまうと言うことですね。

また、会社設立にあたるデメリットとして、決算の際に提出する書類の手続きが個人事業に比べて複雑になり難しくなると言うことですね。誰か経理に関する知識を持ち合わせているという人がいればさほど問題は無いと思うし、今では会計ソフトが市販で売られているので、これを使って決算を行うという人達も増えてきています。でも、やはりそれを使いこなせなかったり、忙しくてなかなかそういったところまで手が回せないと言ったこともよくありますよね。そういったことが重なって税理士などを雇って決算させると言うことが多いようです。

次に、これもまぁ会社設立をする際には避けて通れないデメリットではあるのですが、法人住民税というもので、大体年間で7万円ほどかかるらしいのです。この税金は、会社自体に利益が出ようがでまいが年間の内に必ず払わなければいけない税金です。というか維持費として考えて貰った方が良いですね。勿論、7万円より低いところがあったりするのですが、そういったことには期待せずにとりあえず最低7万円と考えておいた方が良さそうです。

メリットとデメリットを比較して、貴方は会社を設立した方が良いと思いますか?それとも会社設立しない方が良いと思いますか?個人個人、意見にそれぞれの違いがあると思いますが、考え方によっては設立した方が良いかもしれませんし、もしかしたらしない方が利益を出せるかも知れません。しっかりと+-を考えておく事が大切だと言うことです(笑)
せっかくの会社の防犯が甘く、泥棒にでも入られでもしたら基も子もありません。